横浜市立大学大学院 生命ナノシステム科学研究科
横浜市立大学 理学部

本多研究室

物性物理化学 研究室

 論文リスト等   [English]   講義資料 


2018年度卒業生

− 概要 −
当研究室では以下の材料研究を行っています。
・固液中間相の研究(柔粘性結晶相・液晶相の発現メカニズムの解明)
・機能性高分子を用いた冷却材料の研究
・多孔性材料を用いた環境フィルターの研究
・水素結合におけるH/D同位体効果の研究

これらの材料を分子レベルの性質(分子運動・分子構造・分子間相互作用など)を調べて、解明しています。
物性の測定手段としては、主に磁気共鳴法と熱測定法を用いています。核磁気共鳴(NMR)と核四極子共鳴(NQR)装置を用いた測定を行っています。 磁気共鳴法は、原子核の種類によって共鳴周波数が異なるので、選択的に知りたい情報を得られるという利点があります。分子構造・分子間相互作用・分子運動の解明に非常に優れた分光法です。

固液中間相 冷却材料 ゼオライトに吸着した有機物

論文リスト等   研究に関するページ   研究室の写真   横浜市立大学

 講義資料 

このページに関するお問い合わせは、 hhonda@yokohama-cu.ac.jp まで。